最新の医療を行う先進医療ですが、厚労省にも認められた医療であること、認められた医療機関であることが必要です。

入ってますか?安全な生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

先進医療と先進医療特約

がん保険の説明や医療番組などで先進医療という言葉をよく聞くようになりました。
先進医療とは国の医療保険では保障されていない最新医療の中で厚生労働大臣が認めたもののことです。
実際には先進医療と認められた時に国の保険も一部認められるようになるのだが、最も高額となる可能性が高い技術料は保険の対象外のままであり、患者の全額負担となります。
とりあえずここで注意する必要があるのは厚労省が認めなければならないということで、そうでなければいくら最先端の医療でも保険などはおりません。
また先進治療を申請しても認められた医療機関で必ず治療を受ける必要があるそうです。
それ以外の医療機関で治療をした場合は先進医療とは認められなくなります。
こちらも注意が必要な点といえます。
先進医療を行うことがあるのはがんばかりではないが、高度医療や先進医療を行う率が最も高いと思われるのががんであり、がん保険とともに特約となっていることが多いです。
保険の形態としては一定金額を設定してその額を払う場合と、治療にかかった先進医療の火人負担分の費用を全額保証する場合があり、最も保障が厚いものは一回だけではなく何度でもその保障は消えず残っており、利用できることになっています。
最新治療であるため全てが高額というわけではないが、比較的高額医療が多いことも否めないです。
そのためこの保険の適用範囲によっては治療自身を諦めるといったことも起きる可能性があります。
実際にどのような先進医療があるかは厚労省のホームページにどのような病気のどのような症状に対してのどういう治療が先進医療になるか一覧になってわかるようになっているので確認できるが、現在105の治療法が対象になっているらしいです。
他にもいろんな生命保険会社や医療機関が先進医療について詳しい説明をインターネット上などで行っているので、保険特約を考えているのであれば確認してみるのもよいのではないでしょうか。
先進医療は治療の難しい病気の希望ともいえます。
少しでも多く、確立された治療に対しては先進医療に認定されること願ってやまないです。
生命保険は新しい商品が次々と出てきてどんどん多様化しています。
その都度見直していては払込金額などで生活が圧迫されかねないが、それでも何年かに一度は保険の見直しを行うようにするべきです。
ただし、常に掛け替えで考えるのではなく特約の追加や部分保険の追加の方が契約者に得な場合もあるので、きちんと比較検討して考える癖を付けたいものです。
賢く生命保険を選んで賢く節約、そして楽しく人生を送りたいものであります。

近頃良く聞く生命保険、すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう

  • iText PDFについてはこちらのサイトがおすすめ。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017入ってますか?安全な生命保険.All rights reserved.