生命保険会社が行っている個人年金は、定年から国の年金をもらうまでの間の収入源として大変重要で助かる商品です。

入ってますか?安全な生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

入っていますか、大いに役立つ個人年金

年金と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
厚生年金、国民年金など様々な問題が発生したことは記憶に新しいことだと思います。
国はいろいろ対策を考えているようだが、なかなか進展はなく、結局安心なのは共済年金だけなどと諦めてしまいそうです。
そのせいとは言わないが自分で年金を用意している人は多いのではないでしょうか。
年金保険、とか個人年金といわれるものです。
税金も優遇されており、払込金により最大5万円まで控除があります。
生命保険と同様に保険会社に毎月一定金額を払い込み、ある年齢に達した時から、今度は毎月一定金額を一定期間受け取れます。
国民年金などの国による年金の支払いが年々先送りされ遅くなっています。
それに合わせて企業の定年も引き上げるよう政策などを行っているが、結局はそれぞれの企業の努力によるため、なかなか難しいです。
個人年金はこの間の収入を補ってくれる存在として大変ありがたいといえます。
もともと国の年金支払い開始が65才であり、その時から既に個人年金の支払い開始も大抵65才でした。
ところが国が年金支払いを遅くするにつれて、一般の会社の定年である65才から国の年金もらうまでの間、無収入になってしまう可能性のあるところを、個人年金がおりてくるため大変に助かります。
しかし個人年金の場合、一定期間のみの支払いが多く、その人が亡くなるまで支払ってくれるものは少ないです。
そのためこの期間に第二の人生の設計を立てる人も少なくないのです。
最近の65才は行動的で、かつ若い人が多いです。
そのこともあり国はまだまだ働いてもらうことで年金支払いを抑えようと考えたようだが、むしろ実際の彼らはそこで一度区切りをつけて、新しい人生を始めようとする動きになるのでしょう。
そのためにも生活費は必要で、個人年金はサラリーマン中の税金対策としてだけでなく大いに役立っています。
個人年金の生命保険同様、保険会社がそれぞれ資金の運用を行いそれにより配当が付くが、運用益次第で変更するものがほとんどで、最近ではあまり配当率がよくないといえます。
それを考えるとバブルの頃など社会の景気が良かったころの商品の方が還元率はよく、それをそのまま持っている人はある意味得しているといえるでしょう。
既に長期をかけている保険の還元率をみると、今では考えられない利率になっているものが沢山あるのです。
生命保険もそうだが満期になって掛け替えを考えている場合、保証だけを考えて行ってしまうとこの還元率が下がってしまいもったいない場合があります。
きちんと確認して損のないように考えたいものです。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017入ってますか?安全な生命保険.All rights reserved.