以前の入院保険は入院日数により支払いが規定されていましたが、今は短期から長期まで無制限で充実します。

入ってますか?安全な生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の入院保険は大変充実している

病気による費用で、最も不安なものの一つは入院費でしょう。
入院が長期化した時など、いったいどのくらいの費用になるのか想像するだけで不安になるものです。
先日入院費の基本的な考え方についてテレビで放送していたのだが、看護師一人につき何人の患者を受け持っているかにより入院基本料金が変わるのだそうです。
また、入院費は時間ではなく日付で管理されているため、夜12時つまり午前零時を境に入院日数が増えていくらしいです。
さて、入院に関する豆知識はこのくらいにして、実際の支払いに関してだがこの入院に対しても大抵の生命保険は保障をしています。
終身保険では当然のことだが、ケース別の場合も入院保険は独立しており、どのような病気だろうと怪我だろうと入院すれば保険が下りるようになっています。
先日、私の家族が短期の入院をしたのだが、少し特殊なものだったため主たる病気自身の保障はなかったのだが、入院特約が付いていたことにより入院費については保険がおりることになり、かなり喜んでいました。
入院保険はそういう意味でもとてもありがたいものといえるでしょう。
ところで、古い保険の場合、気をつけなければならないことがあります。
それは短期の入院には保険がおりないケースがほとんどだということです。
最低期間があり、入院期間が5日以上という規定が設けられていました。
何らかの病気をした人ならわかると思うが、5日以上の入院となるとかなりの怪我か手術、はたまた重症かという感じで、なかなかないです。
それではせっかく入院保険をかけていても、意味がなくなってしまうため、最近の入院保険は1日の入院でも保障するようになっています。
逆に長期の場合でも日数は無制限だそうです。
また、以前では入院しなければ治らないような病気でも、かなりの範囲で通院治療が可能になっていることもあり、長期通院というケースも増え、それに対応する為、通院保障をする保険会社も出てきました。
保障の方法は会社や商品ごとに確認する必要があるが、私が確認したものは5年間で1000万円までは全て保障となっており、かなり篤い保障をしていると感じです。
通院でも、入院でも医療費は確実に家計を圧迫するものなので、少しでも保障されるのは本当にありがたいことといえます。
病気や怪我をしないですめばそれが最も良いことだが、生きていればなかなかそうもいかないです。
特に怪我などは程度の差はあれ、ある意味日常茶飯事といえます。
それを考えればその時にあわてなくて済むように、少なくても入院保険は出来るだけ新しいものを用意しておく必要があるでしょう。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017入ってますか?安全な生命保険.All rights reserved.