怪我や病気で保険料の支払いが発生した時、手続きはまず契約者本人の請求から始まりますので、不安などがあっても保険会社の担当に必ず連絡を取ることが重要です。

入ってますか?安全な生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

保険料の支払いはまず請求から始まる

テレビの推理ドラマなどで時折、事件発生の動機として生命保険が使われます。
怪我にしろ、病気にしろ、死亡にしても保険金が発生することで、保険金を受け取る側に利害が発生するからに他ならないが、それは保険料を支払う保険会社にとっても同じことであります。
そこでこの手のドラマにはよく保険調査員という人たちが登場します。
実際にその仕事についている人達のことを、保険調査員というのかはわからないが、保険料支払いに際しては確実に調査が行われおり、詐欺など会社に不利益な状況が発生していないか、確認作業をしています。
これまで病気により何度か生命保険のお世話になっているが、我が家の場合は今のところ、この手の方と遭遇する場面はないです。
推理ドラマでもしばしば取り上げられ、インターネットなどでの実際の反応などでも指摘されているが、生命保険の支払いに関する調査は、本当に厳しいらしいです。
「調査は警察より厳しく、不正は必ず見つけられる」という人がいるほどです。
ほんの少しでも疑問点や問題点が浮上するとなかなか支払いに至らず、しばしば問題視されてきました。
一時期社会問題化するほど話題になったが、本来は支払われるべき保険が何らかの理由をつけて支払い拒否されていたり、契約者からの支払い請求がないということで未払いのまま放置されていたりということもありました。
しかし最近は各保険会社の顧客に対するサービス向上が功を奏したのが、そうした話題は聞かなくなっています。
とはいえ厳しい調査はしっかり行われているので、忘れないようにしてほしいです。
さて、実際の保険料の支払い手続きだが、まずはとにかく契約者が支払い請求をすることから始まります。
懇意にしている保険担当者がいる場合、事情を知っているその人が先に手続きする用意を始めてくれる場合もあるが、その場合でもやはり、最終的には契約者本人の請求がなければ支払い手続きは始まらないです。
したがって病気や怪我など、保険料が支払われる状況である可能性があるなら、まずは契約者本人が保険料支払い請求など行動を起こす必要があります。
分かりにくい状況でも必ず専属担当者か顧客サービス担当に連絡し、そこである程度判断してもらうようにすることが重要です。
複数の保険会社に生命保険をかけている場合など、最近では顧客の立場を最優先に保険外交員たちは自分の会社ではない生命保険に対してもアドバイスや契約者のサポートをしてくれるケースも増えてきています。
生命保険に関して何かあったらまず担当に相談してみる、これが大切だということです。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017入ってますか?安全な生命保険.All rights reserved.