三大疾病や成人病など特定疾病への保障は特約でカバーでき、最近は本人だけでなく家族に対して行う保障も存在します。

入ってますか?安全な生命保険

このエントリーをはてなブックマークに追加

三大疾病など特定疾病は特約でカバーしよう

三大疾病という言葉があります。
がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3つをさしており、日本人の死亡率の最も高い病気です。
現在保険はどんどん細分化されており、病気毎、状況毎になりつつあるが、そのもっとも初期のころにできたのが三大疾病保険や三大疾病特約といえます。
初期のころの生命保険ではカバーしていなかったがんや脳卒中が死亡原因の上位に来るようになり、治療法が少しずつ確立、改善され高額医療費がかかることもあり、生命保険の保障が必要と考えられるようになった結果だろ思います。
先進医療や通院保険など関係もあり、最近がんに関しては別にがん保険ができているが、終身保険の特約や、少し前の保険では三大疾病という形で、冒頭の3つの病気をカバーするものが多かったです。
三大疾病に対してはがん保険同様、その診断が確定した時に保険金が支払われるように設定されているものが多いです。
また、最近の特定疾病としては、成人病や認知症、女性特有の疾患があり、それぞれ特約として保障されていることが多いです。
認知症など介護が必要な病気の場合は介護保険として国の物とは違い、契約者本人ではなく看護者に保険がおりる特約もあるし、女性特有の疾患の場合は、契約者に子供がいる場合に、その子供に保証を引き継ぐことが出来るものもあります。
生命保険の進化は、病気への対応だけでなく、契約者本人やその家族がいかに負担なく幸せに暮らしていけるかを想定に、どんどん進んで来ているようです。
支払いの手続きについても、当初に比べれば容易になり、サポート体制もできているが、保険加入時に比べるとまだまだといわざるを得ないです。
またその基準となる書類などを発行する医療機関の対応も気になる点があります。
全ての病院がそうではないと思うのだが、先日近親者の中に初期ではあるががんを発症した人がいて、契約では病状確定時に保険がおりるため、その時点で診断書など必要書類を発行してもらいたかったようだが、病院側が他の病気同様、手術を含めた特定の診療終了後でなければ発行できないとし、結局全ての治療が終了した後で保険請求の手続きをすることになってしまい、実際に治療費を払うときには生命保険を受け取ることが出来なかったそうです。
生命保険がいくら進歩してもこのような状況では意味をなさないこともあります。
これからもぜひ保険会社や生命保険にはどんどん進化してほしいが、それと同時に医療関係者も含めたサポート体制も進化してほしいと思います。
Search


Pagelist
Copyright (C)2017入ってますか?安全な生命保険.All rights reserved.